実際に比較してみた通学中における防犯グッズの有無での違い

子供たちの通学途中の身の安全を守るために、様々な防犯グッズが製品化されています。大人でも子供でも、いきなり怖い目に遭いそうになったら、大きな声を出せるものではないので、まず助けを求める機能が重要になります。今では、ほとんどの学校で防犯ブザーが子供たちに配布されています。どの学校でも防犯ブザーを子供たちが身につけて登下校をするようになったことは、犯罪の抑止効果を生んでいます。けれども、ただ防犯ブザーを所持しているだけでは身を守るのに十分とはいえません。手の届きにくい位置に防犯ブザーをぶら下げている子供が、不審者に狙われやすくなるのです。そこで、防犯ブザーを持っていることを不審者にアピールするだけではなく、いつでも使えるのだということをアピールできるようにしておくことも重要になります。

通学の際に組み合わせて携帯したい防犯グッズ

通学用の防犯ブザーには、警告音と同時に発光するものや、GPS機能の付いたものもあります。ブサーを押すと、警告音が鳴り、親やセキュリティー会社に連絡が入るものもあります。また、ひもで吊るして携帯するブザーの他に、ランドセルのベルト部分に巻き付けるタイプの防犯ブザーもあります。手で押しやすい位置にブザーを設置できるので、咄嗟の時でも音を鳴らすことができます。ホイッスルも防犯グッズとして手軽で役立つものですが、犯人に取られると、鳴らせなくなるので、防犯ブザーと一緒に携帯するのがよいです。犯人が慌てて逃げるように開発されたものに、防犯用カラーボールもあります。犯人に投げつけると、塗料が付くので嫌がられます。このような音の出ない防犯グッズは、防犯ブザーとともに、袋等に入れて携帯しておくとよいです。

通学用の防犯グッズの選び方と使い方

通学用の防犯グッズは持っているだけではなく、いざというときに正しく使えることが大切です。防犯ブザーであれば、電池切れになっていたり、落としたり濡らしてしまって壊れていることに気づかないままでいると、肝心の時に役に立たなくなります。そのため、定期的に使用できるか、十分な音量が出るかどうか点検することも大切です。また、緊急時にさっとブザーを鳴らすことができるためには、使い方を知って慣れておくことも大切です。近隣の迷惑にならないように部屋の窓を閉めて、ランドセル等に掛けた状態で使用する練習をしておくのがよいです。また、防犯グッズを選ぶ際には、犯人には警告音や警戒ランプの止め方がわからないものがよいです。同時に、落としても壊れにくいもの、水に濡れてもよいように防水機能の付いたグッズがより望ましいです。