どんな種類があるのか通学する子供を守る防犯グッズ

幼稚園児の頃までは毎日の通園や習い事の送迎は保護者が行うことが必須でしたが、小学校に入学すると一人で登校するのが普通になってきます。行動範囲も広がるため、犯罪に巻き込まれる可能性や、危険な目に遭う可能性も増えてきてしまいます。公共交通機関を利用して出かける場合は、駅での乗り降りや乗り換えの不安などもあります。保護者の立場としては、通学時の防犯対策は気になるところです。保護者の側でも共働きや、学校の下校時刻が毎日異なれば、送迎を行うことは難しくなってきます。小学生以上になると、保護者がすべてフォローを行うのは限界がありますが、できる範囲で防犯対策を考えていく必要があります。小学生以上ともなれば、子供自身でも危機管理能力を身に付けていくことも必要となってきます。

親子で行うことが出来る通学時の防犯

親子で行うことができる通学時の防犯対策は、防犯グッズを子供に持たせた上、送迎できる場所までは一緒に行くという方法です。学校でもその対策を行っているところもありますが、保護者側でもできるだけ安全に通学できるための方法を考えることが必要です。時間のある休日などにお子さんと一緒に通学路を歩いてみるというのも1つの方法です。歩く時には、お子さんが通学するのと同じ時間帯を選ぶのがおすすめです。夕方になると人通りが少ない場所や、死角になりやすい場所があれば、あらかじめチェックします。お子さんは好奇心が旺盛であるため、大人が予測しない行動を起こすことがありますが、それについてもお子さんに教育しておく必要があります。定期的に声をかける他、危険だと判断した時は通学路を変更することも必要です。

抜き打ちのチェックで防犯意識を高める

防犯意識を高めるために、抜き打ちのチェックをすることが有効です。お子さんが通学に慣れた頃に気のゆるみが起こったりしますので、下校の際に後ろから付いて行って危険なことがないかをチェックします。この時に親として気になることがあった時には、お子さん自身がそれを危険なことだと認識できるように諭します。お子さんが電車通学をしている場合、駅までの道のりや乗り換えなどでも保護者としては不安を感じるでしょう。いつも使っているICカードにお子さんの見守り機能を付けることができます。お子さんが自動改札を通過した際に保護者の方にお知らせが行く仕組みとなっていますので、乗り換えがきちんと行われたのかを確認することができます。通知先を増やす時の料金もそれほど高くありませんので、気軽に利用できます。