通学 防犯

今だからこそ必要とされる通学中の防犯の手段

物騒な出来事が増えている近年、通学時を狙ったものも増えているのが現状です。その出来事の種類も多様化しており、自分の子供がターゲットになってしまう可能性もあるのです。通学時に常に一緒にいることができれば安心ですが、毎日一緒に行くことは難しい問題です。そんな時に子供の身を守るために、防犯グッズを持たせることは身を守るための手段として最適です。しかし、いざという時にパニックになってしまって上手に使えないこともあるため、分かりやすく使いやすい防犯グッズを持たせることが大切です。子供が一人になったり死角に入った時に狙われることが多いため、できる限り一人で帰らないで友達と一緒に帰るよう、危ない場所には近づかないよう子供に話をして、子供と大人、近隣住民が防犯意識を持つことが大切です。

おすすめの防犯グッズの特徴を紹介

初めて防犯グッズを持たせる保護者の方にとって、通学時にどのような防犯グッズを持たせればよいのか悩む方も多いです。まず最も手軽で人気があるのが防犯ブザーです。紐を引いたりボタンを押したりという簡単な作業で、大きな音を出して周囲に危険を知らせることができる仕組みとなっています。値段も手頃で買いやすい価格帯となっているので、防犯グッズに慣れていなかったり新一年生などの小さな子供さんでも扱いやすいアイテムとなっています。選ぶ時のポイントとしては、音が大きいものを選んでください。周囲に危険を知らせるのに小さな音では意味がありません。一度音を鳴らしてみて、耳に残る音を選びます。また、持ち歩きやすく使いやすいものが重要です。使うのは子供だということを忘れずに、子供が実際に使ってみて問題なく使えるものを選びます。

多種多様に増えている防犯グッズを紹介

子供の通学時や習い事の帰り道など、防犯グッズを持たせることは身を守るために大切なことです。一般的に人気が高いのは防犯ブザーですが、一つだけではなく複数持っているのも良いです。次におすすめなのは、GPS機能が備わっている携帯電話です。子供用にGPS機能が付いた携帯電話が各社から販売されているので、子供と一緒に好きなデザインのものを選ぶのも良いです。子供が今どこにいるのかを把握しておくことは大切です。また、万が一トラブルに巻き込まれたときに、GPSによって子供の居場所が分かったという例も発表されています。しかし携帯電話を持たせるリスクも当然あるため、機能が制限されているものを選ぶのがおすすめです。防犯ブザーとGPS機能の両方が備わった携帯電話も販売されているため、子供の性格によって適した防犯グッズを選びます。

お子さま1人、通知先1箇所で月額制となっており、比較的安価なサービスとなっております。 JR東日本、山手線・中央線(東京~高尾駅間)にて、当社のサービスを開始いたしております。 見守りサービスのICカードは、Suicaだけでなく、PASMOでも利用が可能となっております。 当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 まもレールでお子さんの通学時の防犯対策をしよう!